北海道民ブルワリーのブログ

40代独身。筋金入りの北海道民、brewery(ブルワリー)のブログ。最近は星空の写真や美瑛とか旭川近郊の風景写真ばかり撮っています。畑いじりや、料理の写真もたまに載せます。

遊びに行くように仕事に行きたい。という話。


ツイッターフォローよろしくお願いしますm(__)m



ブックマーク・ツイートなどもしていただけるとありがたいです(^-^)

こんにちは、ブルワリーです。

 

昨日ツイッターを見ていたら、「遊びに行くように仕事に行きたい。」というツイートを見かけたので今日はそのことについて書いてみたいと思います。

 

f:id:tokinokane1010:20180529213331j:plain
内容とは関係ありませんが美しい地元近くの夕焼け(^^♪

 

 

ちなみに私はいつも

 

遊びに行くように仕事に行っています。

 

私の職場は、グループホームという認知症のお年寄りが、共同で、なるべく家庭に近い環境で生活をするということが目的の施設です。

 

私がなぜ介護職を選んだかというお話はこの記事

 

minimalistblog.hatenablog.jp

 

に書きました。

 

上の記事に書いてある通り今の仕事は、自分がやりたくてやっている仕事なので楽しいのはあたりまえ。

 

毎日、おじいちゃん、おばあちゃんと一緒に

 

ラジオ体操をしたり

掃除をしたり

食事の準備をしたり

外に出て日向ぼっこや散歩をしたり

ドライブをしたり

歌を歌ったり

色々なゲームをして遊んだり

塗り絵や折り紙をしたり

相撲を見たり

ファイターズの応援をしたり

オリンピックで日本人選手の応援をしたり

馬鹿話をしながら一緒にご飯を食べたり

 

と、基本的には楽しいことばかりです。

 

もちろん、様々な心身の状態の方がいらっしゃいますので、ほぼ寝たきりの方、意思の疎通が難しい方、持病の状態が良くない方などのケアには気を使いますし、正直手間もかかりますし、責任というかプレッシャーも感じます。

 

高齢の方たちばかりなので、持病が悪化したりしてお亡くなりになる場合も当然あります。

 

精神的にも肉体的にも疲れることもあります。

 

でも、お年寄りの人生の最後に一緒に過ごさせてもらっている、付き合わせてもらっているという充実感のようなものは常に感じていますし

 

嫌なことがあったから仕事に行きたくないなぁ

 

今日はなんかめんどくさいなぁ仕事に行きたくないなぁ

 

なんて思ったことは1度もありません。

 

 

仕事に行くのが何より楽しみ

 

休みなんかいらないから毎日仕事したい

 

と、そこまでは思いませんが

 

 

今日は何して遊ぼうかなぁ?

 

どんな馬鹿話をしておじいちゃん、おばあちゃんを笑わそうかなぁ?

 

みたいな感じでいつも出社しています。

 

 

あと私が思っている今の仕事の良いところは

 

早番・日勤・遅番・夜勤とシフト(勤務する時間帯)によって仕事の内容に変化があるので飽きない

 

ということと

 

月9日の公休と私は夜勤明けの日も寝ないで活動するのでそれも入れると月15日と休日が多い

 

という部分が大きいと思います。

 

休日が多いと、趣味も充実しますし、休みに目いっぱい遊んだあとは、また楽しく遊べるように明日から仕事も頑張ろう!とモチベーションも上がります。

 

 

まあ、今の時代食べていくくらいなら何をしたって稼げますので、まずは自分の好きなこと、やりたいことを優先して生きていくというのが月並みですが1番なのかな?

 

と思っています。

 

 

遊びに行くように仕事に行きたい。

 

ではなく

 

好きなことをして遊んでいたら仕事になった

 

みたいなことが理想なのかもしれませんが(^^♪

 

 

しかし

 

私は、仕事がいやだな、面倒だなと思ったり、他にやりたいことが出来たりしたらスパっと今の仕事もやめて次の事をすると思います。

 

その点、独り身だと気軽で良いですね。

 

 

まあ、色々な状況の方がいると思いますので、他人のことはなんとも言えませんが

 

まずは自分を1番に考えて

 

ストレスのたまらない生き方、充実した生き方

 

を、今一度真剣に考えて見るのは大切かなと思います。

 

 

長生きとは、何歳まで生きたということではなく

どれだけ充実した人生を送れたか

 

みたいな言葉(うろ覚えなので間違っているかもしれません)

 

がありましたが、まさにその通りだと思います。

 

 

それでは

 

ただただ自分の考えていることをだらだら述べただけの記事でしたが

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたm(__)m