ミニマリスト40代一人暮らしのブログ

ミニマリスト志望40代一人暮らし。田舎町のグループホームで働く介護員brewery(ブルワリー)のブログ。主にミニマムな生き方/持たない暮らしについて、一人暮らしの節約術、介護の仕事のことや収入のこと趣味の読書や旅・キャンプ・車中泊、副業、健康のことなど色々発信していこうと思っています。

私なりの高血圧の対策 について~効果があったサプリはこれです!


ツイッターフォローよろしくお願いしますm(__)m



ぜったいに おしちゃダメ?



ブックマーク・ツイートなどもしていただけるとありがたいです(^-^)

 

www.minimarusedoritabilife.site

 

 

 

ミニマリスト志望の管理人brewery(ブルワリー)です。

 


子供のころから健康なことが1番のチャームポイントで、風邪もろくにひくことのない私なのですが、さすがに40歳を過ぎると、色々健康上の問題も出てきます。


その1つが高血圧。


実は、去年の健康診断で初めて血圧で引っかかってしまいました。


「高血圧の疑いがあるので、日常生活に気を付けてください」

と血圧の欄に赤文字で書かれていたのです。


これにかなりのショックを受けた私は、とにかく寝ても覚めても「高血圧」について調べまくりました。


この記事では、そんな私が今までに調べた「高血圧」についての事を、実体験に基づいて書いてみたいと思います。(長文です。)

 


目次

 

 

 

高血圧の数値、症状、合併症などについて

 

現在、成人男性の45%、女性は約35%が高血圧になっているとのことで、代表的な生活習慣病(成人病)のひとつになっているんだそうです。

 

ちなみに、数値的には、正常血圧は最高血圧が120mmHg未満、かつ最低血圧が80mmHg未満。


120~13980~89mmHgは高血圧前状態


最高血圧140mmHg以上、あるいは最低血圧90mmHg以上である状態を高血圧と定義しているのだそうです。

 

私の場合、上(最高血圧)が140mmHg以上のことはめったにはないのですが、下(最低血圧)が90mmHg以上あることが多く、下の血圧が高い状態のときには、動悸があり、心臓が痛いような違和感を感じることがよくあります。

 

高血圧というのは一般的には、それ自体がなにかまずい症状を引き起こすというわけではなく、目立った自覚症状も感じないと言われています。

 

しかし、怖いのは高血圧が引き起こす合併症です。高血圧が慢性化すると血管の壁が厚く、硬くなり、血液の通りが悪くなることによって動脈硬化という状態を引き起こします。

 

そうなってしまうと、その狭い血管の中の血液の通り道に、コレステロールや脂質などがたまりやすくなり、どんどん血液の通りが悪くなる→さらに血圧が固くなるといった負の連鎖がおきてくるわけです。

 

そして、その負の連鎖が、


脳にくると脳梗塞、くも膜下出血、脳出血、
心臓に来ると(心肥大、狭心症、心筋梗塞、心不全)、
腎機能だと(蛋白尿、慢性糸球体腎炎、慢性腎臓病、腎不全)、
または大動脈瘤、閉塞性動脈硬化症


などの合併症を引き起こしてしまう可能性が高くなっていくのだそうです。

まあ、死因としてよく聞く病気のオンパレードですね。

 

目立った自覚症状を感じないといわれる高血圧なんですが、逆に言うと自覚症状のないまま、動脈硬化はどんどん進んでいき合併症の危険性も高くなっていくので恐ろしいんです。

 

わたしの場合、前述した、心臓(胸)の痛み、動悸のほかにも、肩こり、耳鳴りなどの自覚症状を感じていました。

 

はじめは、「ストレスかなぁ~?」なんて軽く考えていたのですが、会社の健康診断で、高血圧の疑いがあるとわかって以来、高血圧について、ネットで調べたり、本を読んだりして高血圧の対策について色々調べてみたのです。

 



高血圧の対策 1つ目(原因と改善方法)

 

まずは高血圧の原因となっている生活習慣を(なるべく)改善すということです。

 

例えば、


摂取する塩分の量を減らす
タバコの本数を減らす※禁煙は無理(+_+)
酒の量を減らす(禁酒日を設ける)
痩せる
適度な運動を習慣づける
ストレスを溜めない


といった感じです。

 

私の場合、介護職というほぼ肉体労働といっても過言ではない職業ですので、適度な運動、痩せるということに関しては、クリアしています。

 

実際、この仕事をやりだして、適度な運動、規則的な生活、食事の習慣が付き、10キロ以上痩せることができました。


ちなみに一人暮らしをはじめて、節約生活でさらに4キロほど痩せました^^

 

あと、職場では、高齢者施設ということで、必然的に大きな声で話す、入所者さんと一緒に馬鹿話やレクなどで楽しく遊んで、笑顔でいることが多く、自然とストレス解消になっています。


また、一人暮らしを始めたことにより、なんでも自分の好きなように、マイペースで生活できているので、それもストレス解消になっていると思います。

 

ですので、ストレスという点もクリアですかね。


まあ、問題は、塩分の量を減らす、タバコ・酒の量を減らすということです。


しよっぱいものが好きな私にとっては、塩分を減らすのは食事の楽しみを減らすということなので、かなり難しい・・・


でも、極力塩分の量を減らしつつも、美味しく料理が作れるようなレシピを調べたりするのも楽しいので、そんな感じの努力はしています。


タバコに関しては、軽いタバコに変えたり、なるべく本数を減らすように意識するということくらいしかできていないです。


あと酒に関しては、まず夜勤の日は飲めないので、勝手に月5~6日の休肝日が作れるということ。それから安月給で一人暮らしという経済的な面もあり、実家暮らしの時よりも必然的に飲む量は減ったので、良しとしてます^^

 

まあ、完全にやめることは難しいですが、年齢と共に少しずつ改善していけたらなあとは思っています。

 

 


高血圧の対策 2つ目(血圧を下げる食事・食品とは)

 

とにかく血圧を下げるために良いといわれる食品、栄養素などを調べまくりました。

 

まずは、DHAやEPA。サバ・サンマ・イワシなどの青魚やマグロやブリ、鮭などの魚の脂に多く含まれるそうです。

 

パセリ、アボカド、納豆、ほうれん草、山芋、ゆで大豆、里芋、バナナ、メロン、キウイフルーツなど、カリウムを多く含むもの。(トマトジュースもカリウムを多く含むので良いらしい)

 

それから、水溶性食物繊維のアルギン酸は、高血圧に大敵のナトリウム(塩分)を体外へ排出する効果があり、海藻・果物・芋類・豆類・野菜等です。特に、ごぼう、納豆、きんかん、オクラ、芽キャベツ、インゲン豆、菜の花、モロヘイヤ、なめこなどに多く含まれるそうです。

 

他にも、お酢、オリーブオイルが、高血圧の対策にや血圧を下げる効果が期待できるそうです。

 

また、飲み物では、血圧の上昇を抑制する効果があるとされる、「カテキン」が多く含まれる、緑茶や、そば茶(ルチン)杜仲茶(ゲニポシド酸)ドクダミ茶(ドクダミ※カリウムを多く含む)ハブ茶(アントラキノン誘導体)に血圧を下げる効果が期待できるとのことです。

 

 

高血圧サプリはこれがおすすめです。(効果・感想)

 

まあ、現実的にはこれだけの食品をバランスよくとっていくことは、ぶっちゃけ現実的には無理かなとも思いますし、コスト面も考えるとやっぱりサプリかな、といことで私的には落ち着きまして。

 


これを飲んでいます。

 

 

この計圧サポートの良いところは、やっぱり安さですかね^^


いくら特保で効果のあるサプリでも値段が高ければ長続きするのは難しいですからね。


これはサプリではありませんが、今TVCMでやっている高血圧に良いらしい特保の麦茶(サントリー 胡麻麦茶)も興味があるのですが、やっぱり1本160円という値段的に毎日飲むのはきついです・・・

 

それに比べると、計圧サポートは、3袋セットなら、1日当たり48円という安さです。

 

成分的には、まず


イワシペプチド:400μg


このイワシペプチドに含まれるバリルチロシンというのが、血圧を下げる働きがあると言われていて、さらに「ペプチド」の特性として、身体に吸収されやすく、効果の持続性があるということです。

 

ゴマペプチド末:6mg


そして、このゴマペプチドにも血圧を下げる働きがあると言われています。前述の胡麻麦茶の主要な成分になっていますね。

 

ルチン含有そば若葉末:6mg


このルチンもまたすごいですね。


ルチンとは、言わずと知れた日本の伝統食「そば」(※特に韃靼そば)に多く含まれる成分で、そば若葉には、このルチンが豊富に含まれているのだそうです。


ルチンの効果は、まず血管を柔らかくしてくれ、血管を強くすることで血流の改善に効果があるとのこと。また、血圧降下作用もあるそうです。


このためルチンには「脳卒中」「高血圧」「動脈硬化」「悪玉コレステロールの抑制」「糖尿病」「ガン」など生活習慣病の予防に効果的なのだそうです。


また、ルチンはビタミンCの吸収を促進する働きがあるため、抗酸化作用もあり、肌の老化予防にも良いとのこと。


あとは、リウマチなどの関節の痛みや、肩こり、認知症(アルツハイマー)の予防・改善、痔の治療効果などなど、挙げていけばきりがないほどです。

 

※この記事内に書いている効果効能については、あくまでも私が調べた事をまとめて書いているだけですので、保証は出来かねます。科学的・医学的な根拠などについては、ご自分で調べるなり、専門家に尋ねるなどしてください。

 


というわけで、計圧サポートを3~4か月前から飲んでみて、まず肝心な血圧なのですが、緩やかにではありますが下がっています。


もともと、安静時でも、下(最低血圧)が90mmHg以上あることが多かった私の血圧ですが、最近は、90mmHg以上ということは少なくなりました。


そして、動悸や胸の痛みについても、症状を感じることが明らかに少なくなりました。


また、血圧以外にも、肩こり、耳鳴りがかなり改善されました。


これらの効果は、実は飲みはじめて数週間後には表れてきました。


ぶっちゃけ、私はなんにでも影響を受けやすい(信じ込みやすい)性格なので、そのせいもあるかもしれません。


でも、疑って飲むよりは、「これを飲んだら大丈夫!」と思いながら飲むほうが精神的にも良いのではないでしょうか?


あと、これも大事な点ですが、味(というか臭い)のほうも特に癖は無く、飲み辛いということもありません。

 

※あくまでも私自身の感想です。

 


まあ、色々飲み比べたわけでもないので、もっと値段が安いものや、効果が高いサプリも当然あるかもしれません、もしかしたら今ストックしてある計圧サポートが無くなったら、違うのも試してみるかもしれません。


でも、とりあえずは、計圧サポートが自分に合っているみたいだし、効果も出ているので続けていきたいと思っています。

 

 

まとめ

というわけで、私なりに高血圧について調べた事や、私自身が実践している高血圧対策について長々と書いてみました。


成人男性の45%、女性は約35%が高血圧という時代ですから、私のように、健康診断で血圧が引っかかって心配している人や、何らかの自覚症状があって悩んでいるという方も多いでしょうから、そういう方に、参考になる部分があった良いなあと思います!

 

 

今日も最後まで読んで頂きましてありがとうございました。