北海道民ブルワリーのブログ

40代独身。筋金入りの北海道民、brewery(ブルワリー)のブログ。最近は星空の写真や美瑛とか旭川近郊の風景写真ばかり撮っています。畑いじりや、料理の写真もたまに載せます。

ミニマリストの寝床~寝袋生活


ツイッターフォローよろしくお願いしますm(__)m



ダンボー 欲しい・・・



ブックマーク・ツイートなどもしていただけるとありがたいです(^-^)

 

www.minimarusedoritabilife.site

 

 

 

ミニマリスト志望の管理人brewery(ブルワリー)です。

 

物を持たないミニマムな生活を目指す私の寝床を紹介したいと思います。

 

これです^^

 

f:id:tokinokane1010:20180216153632j:plain

 

コールマンの寝袋(シュラフ)です。

 

まあさすがにフローリングの床に寝袋1枚ですと、体が痛くてたまりませんので、寝袋の下には、キャンプ用銀マットを2枚重ねにして、さらにその上に、サンキで1000円位で購入したラグマットを重ねています。

 

あとは、これもサンキで300円位で売っていたそば殻の枕、それからさすがに冬の北海道は、やっすい寝袋1枚ではくっそ寒いので、寝袋に潜り込んだらその上に毛布を1枚掛けて寝ています。

 

実家暮らしの頃は、ふわふわのマットレスにぬくぬくの羽毛布団みたいな贅沢な寝床だったんですが、今の寝床は、まあ、貧乏くさいというか^^

 

非常にシンプルな寝床ですが、これがなかなか快適に眠れます。

 

実は、今の寝床になってから良いことがありまして、それは、介護職の職業病ともいえる、長年の腰痛が劇的に良くなったということです。

 

今まで、敷布団(マットレスは)やわらかめで、体圧を分散させたほうが腰には負担がかからなくて良いのではないかと思い込んでいたのですが、それでも長時間寝ていると腰が痛くて何度も目が覚めたり、朝起きるときに腰のあたりの筋肉が固まったような感じがして起きるのに一苦労なんてこともよくあったのですが。

 

今の寝床になってからは、それが全くなく、腰が痛くて夜中に目を覚ますということもなくなり、枕の高さ・硬さも自分にあっているようで、良眠できるようになったので、朝は非常にすっきり起きられます。

 

まあ、硬いのが良いのか、柔らかいのが良いのかは、人にもよると思いますので一概に言えないと思いますが、やわらかい布団で寝ていてなかなか腰痛が良くならないという方は、1度試してみる価値はあるのかもしれませんね。

 

少なくとも、私にとっては合っていたのだろうと思います。

 

というわけで、

 

良く言えば、物を持たないミニマムな生活

 

悪く言えば、貧乏生活

 

な、私の寝床の紹介でした~♪

 

 

今日も最後まで読んで頂きましてありがとうございました。