ミニマリスト40代一人暮らしのブログ

ミニマリスト志望40代一人暮らし。田舎町のグループホームで働く介護員brewery(ブルワリー)のブログ。主にミニマムな生き方/持たない暮らしについて、一人暮らしの節約術、介護の仕事のことや収入のこと趣味の読書や旅・キャンプ・車中泊、副業、健康のことなど色々発信していこうと思っています。

【読書レビュー】多品目少量栽培で成功できる!! 小さな農業の稼ぎ方 栽培技術と販売テクニック [ 中村 敏樹 ]


ツイッターフォローよろしくお願いしますm(__)m



ぜったいに おしちゃダメ?



ブックマーク・ツイートなどもしていただけるとありがたいです(^-^)

 

www.minimarusedoritabilife.site

 

 

 

 

ミニマリスト志望の管理人brewery(ブルワリー)です。

 

先日読んだ本

 

www.minimarusedoritabilife.site

 

 

 

に続いて読んだ本がこちらです

 

 

 

 

将来は、といっても近い将来の話ですが

 

田舎に眺めのいい土地を購入して自作の小屋を建てて、自分のペースで畑をやって最低限の小銭を稼ぐみたいな生活を始めたいと夢見ている私にとって、「小さな農業」というのは、とってもしっくりくる言葉でした。

 

なので、本のタイトルを見た瞬間、読みたい!と即購入してしまいました。

 


ちなみに、ミニマリスト、物を持たないミニマムな生活を実践しようと思ったのも、この近い将来の夢の実現に向けての事です。

 

物を持たなければ、もちろんその分のお金がかからないということなので、貯金ができますし、小さな小屋に入りきらないほどの家具や物を持っていても、いずれ捨てることになってしまいますからね。

 


と、話がそれてしまいましたが^^

 

この本は、多品目少量栽培というやり方の農業で成功されている、中村敏樹さんという方が書かれています。


多品目少量栽培とは、読んで字のごとく、たくさんの種類の野菜や果物を少しずつ栽培するというやり方です。

 

そうすることで、単品目でやるよりもリスクが少なく、販売もしやすいというメリットがあるそうです。

 

本の中では、それらのメリット、デメリットについて詳しく解説されており、実際のデーターも示されていますので、これから農業をやってみたいと思っている方にも、多品目少量栽培の優位性がわかりやすい内容になっていると思います。

 


著者の中村さんが実際に作られている野菜などの詳しい解説や、栽培方法、販売方法、野菜を美味しく食べるためのレシピまで、写真付きで載せてくれていますので、参考になるところが多々ありました。

 


例えば、販売方法についてですが、ミニトマトを直売所やマルシェなどの店頭で販売する際に、普通の赤いミニトマトだけが袋詰めされているものよりも、赤や黄色や緑、紫など色々な色のミニトマトが入っているもののほうが色とりどりで見た目がきれいなので、お客さんの目に留まりやすく、手に取ってもらいやすいということであったり。

 


通常であれば売り物にならないような野菜、小さかったり、曲がっていたりといったものでも、それを加工して製品化し販売することで、作った野菜は余すことなくお客さんに食べてもらうことができるといったことも、著者さんの実際の経験から書かれていますので、なるほどな!ととても勉強になりました。

 


そんな感じで、私のように農業は未経験だけど、興味があるという方には、とてもイメージが付きやすいし、学べる事もたくさんあるので、読んでみる価値はあるかと思いますよ。

 

 

今日も最後まで読んで頂きましてありがとうございました。