北海道民ブルワリーのブログ

40代のおひとりさま。筋金入りの北海道民、brewery(ブルワリー)のブログ。最近は星空の写真や美瑛とか旭川近郊の風景写真ばかり撮っています。畑いじりや、料理の写真もたまに載せます。

【読書レビュー】最強の農起業! ブルーベリー観光農園で失敗しない農業経営


ツイッターフォローよろしくお願いしますm(__)m



今一番欲しい!DJI SPARK



ブックマーク・ツイートなどもしていただけるとありがたいです(^-^)

 

www.minimarusedoritabilife.site

 

 

 

 

ミニマリスト志望の管理人brewery(ブルワリー)です。


将来は、田舎で農業でもやりたいなぁ~

 

また、いちご狩りやリンゴ狩りなどにもよく行くので観光農園もいいな~

 

なんてぼんやり考えている私なので農業関連の本はちょくちょく見てるのですがそのなかの1冊がこれ。

 


最強の農起業! ブルーベリー観光農園で失敗しない農業経営 [ 畔柳茂樹 ]

 

東海地方随一のブルーベリー狩り観光農園「ブルーベリーファームおかざき」のオーナー畔柳茂樹さんの著書です。

 

なんと、営業日が年間60日で年収2000万円!

 

農業は儲からない なんていうイメージがあるかもしれませんが、ちょっとこれは信じられない、というかうらやましいぃー^^

 

わくわくしながら読んでみると、さすが、元デンソー社員、40歳で事業企画課長に就任したというだけあって、文章がうまい!読みやすい!内容がすぅーっと頭に入ってきます。

 

養液栽培(水耕栽培)システムを利用することにより、土壌の質に左右されない最高品質のブルーベリーが誰でも簡単にすぐ栽培できるそう。

 

しかも通常ブルーベリーは収穫まで3~4年はかかるのですが、このシステムを使うと、翌年には収穫が可能ということなので、早く収益を生むことができるというメリットもあるそうです。

 

また、「ブルーベリーファームおかざき」は、通常の畑のような土の上を歩くのではなく、防水シートを敷き詰めて歩きやすくなっているので、長靴じゃなくても例えばハイヒールでもブルーベリー狩りが楽しめるそう。

 

家族連れのみならず、デートで訪れるというカップルも多いそうです。

 

このシステムを活用することで、栽培の手間をかけずに最高品質のブルーベリーが簡単に作れ、年間1万人以上が訪れる観光農園を作ることができたというわけですね。

 

読めば読むほど、わくわくしてくる内容にぐんぐん引き込まれあっという間に読み終わりました!

 

私も「ブルーベリーファームおかざき」のような観光農園を経営したいーー

と、夢が膨らむ1冊でした。

 

これから農業を始めたい、また農業をすでにしているけど、なかなか儲からない、何か変えなければと考えている人は、必読の価値ありだと思いますよ。

 

 

今日も最後まで読んで頂きましてありがとうございました。